ヤンゴンで味わうプチバガン体験

ミャンマーの観光地といえばバガン!インレー!!チャイティーヨ!!!ですね。
その中でも恐らく最も有名なのは世界三大仏教遺跡の一つとも言われ、先日世界遺産にも登録されたバガンでしょう。3,000以上の仏塔が立ち並ぶ姿は圧巻!

とはいえバガンはちょっと遠くない?
飛行機なら1時間程度だけどミャンマーの国内線は異常に高いし…バスなら安いけど10時間以上…
そんな時間もお金もないよ!何とかしてよ!!という我儘トラベラーへ朗報です。

あるんですよ、ヤンゴンでバガンを味わえる素敵スポットが。
というわけで本日はそんな我儘トラベラーを満足させ…る…満足させる!ヤンゴンのバガンスポットのご紹介です。


さて、バガンのハイライトといえばやはり「タビニュ寺院(Thatbyinnyu Temple)」と「アーナンダ寺院(Ananda Temple)」ではないでしょうか。
高さ60mを超すバガンで最も高いタビニュ寺院、そしてバガンで最も美しいといわれるアーナンダ寺院。とりあえずこの2つを押さえておけば最低限バガンはおっけーかな、という二大寺院です。
ちなみにタビニュは1144年、アーナンダは1090年ごろの建立といわれています。

タビニュ寺院
アーナンダ寺院

なんとこの2つ、ヤンゴンにもあるんです!

そんなわけでまずはタビニュ寺院。
こちらは空港のすぐ近くにあるので、もしかしたら見たことある人もいるかもしれませんね。特に東側から空港へアクセスする際によく見えます、夜はライトアップされてるので結構印象的。
正式名称"Thatbyinnyu Pahtoe Daw Gyi (Yangon)"で恐らくサイズも形も完全なレプリカ。若干ティ(傘飾り)の形状が違う気がするけど。。。
ただいま絶賛建設工事中です。ちなみに僕がヤンゴンに住み始めた2013年からほぼ工事は進んでおりませんので完成時期は未定。
ただある程度は出来上がっていて内部にも入れます。
本家バガンのタビニュ寺院は1階部分しか立入できませんが、こちらは上階にも上がれるしテラスにも出られるのが嬉しい。
2019年10月の時点で1階はほぼ完成、2階3階は廃墟の様相、最上階には仏像が安置されております。

Thatbyinnyu Pahtoe Daw Gyi (Yangon)

1階部分はほぼ完成
2階はちょっとだけ工事進んでます
3階はほとんど廃墟

続いてアーナンダ寺院。
こちらはティンガンジュンにあるのでご存じの方は少ないかもしれませんね。
そしてタビニュ寺院と違ってサイズも小さめ、全体的にスケールダウンした感じです。
一応内部にはオリジナル同様、ゴータマ(お釈迦様)を含む過去四仏が安置されていますがこちらの仏像たちもだいぶ小さめ。正直こちらはレプリカと呼ぶにはちょっと・・・という感じ。
ちなみに建立年不明ながら1990年代後半にはすでに完成していたとかいう噂。

Yangon Ananda Temple

そんなわけで我儘トラベラーの皆様、ご満足いただけたでしょうか。
個人的にアーナンダ寺院はともかく、タビニュ寺院のほうはレプリカとかそういうの抜きにしてお勧めしたいところ。
テラスからの景色もいいし内部の廃墟感も人によってはたまらん!物件。

バガンなう。に使っていいよ、の素敵ヤンゴンスポット、是非ご訪問ください。




スポンサードリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿